容疑者の菓子食べ減給=留置施設で巡査、依願退職−静岡県警(時事通信)

 留置施設で容疑者らが自費購入した菓子を食べたとして、静岡県警は12日、磐田署留置管理課の20代男性巡査を減給10分の1(3カ月)の懲戒処分にした。巡査は「軽い気持ちでやってしまった」と事実を認め、同日付で依願退職した。
 県警監察課によると、巡査は昨年8月ごろから12月ごろまでの間、同署の留置施設内で、容疑者ら拘置中の3人が自費購入したあめ1個とチョコレート4個(計30円相当)を食べた。巡査は、容疑者らから預けられた菓子を保管用のロッカーに戻す際などに、5回にわたり1個ずつ取って食べたという。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕チョコレート・ガールズ
日本の男女ペアが初優勝=洋菓子国際コンクール
バレンタイン商戦追い込みへ=需要拡大へあの手この手
バレンタインは「友チョコの日」=「告白」より女同士で
住所は「地球周回軌道上」=野口さん、個室に表札

邦夫新党「連携ない」 首相(産経新聞)
<前原国交相>4全総の高速道計画の縮小を示唆(毎日新聞)
携帯サイトに書き込まれた動機に「こんなくだらないことで…」怒る被害者 秋葉原殺傷(産経新聞)
<愛知3人殺傷>懲役22年確定へ 最高裁決定(毎日新聞)
ハイチPKO1次要員が帰国=陸自部隊、現地で復興作業−成田(時事通信)
[PR]
by zumu8z2yvl | 2010-03-17 06:36