哨戒艦事件で閣僚と協議=鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は22日午前、首相公邸で、韓国政府が北朝鮮による魚雷攻撃と断定した哨戒艦沈没事件について、岡田克也外相、北沢俊美防衛相、平野博文官房長官と対応を協議した。同事件が国連安全保障理事会に提起された場合の対応や、北朝鮮への制裁、制裁に慎重な中国への働き掛けなどについて話し合ったとみられる。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】迷走!普天間移設〜政府、5月決着を断念〜
【特集】緊迫!朝鮮半島〜哨戒艦事件、北魚雷攻撃と断定〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜

父子家庭にも児童扶養手当…改正法が成立(読売新聞)
口蹄疫 家畜の清浄性検査を開始…宮崎・えびの市(毎日新聞)
首相の沖縄再訪「23日軸」=滝野副長官(時事通信)
横浜市の待機児童が最多更新、共働き世帯増も背景に(カナロコ)
シュワブ沿岸部案、沖縄知事は「とてもだめ」(読売新聞)
[PR]
by zumu8z2yvl | 2010-05-27 21:47