宮城県警、廃品業者を家宅捜索=回収で高額請求、消費者庁も立ち入り(時事通信)

 無料で廃品回収すると偽り、高額の回収料を請求したとして、宮城県警生活環境課などは10日、廃棄物処理法違反容疑で、廃品回収会社グローバルマネジメント(神奈川県藤沢市)の本社や宮城支店などを家宅捜索した。
 消費者庁も同日、特定商取引法違反の疑いで立ち入り検査を始めた。警察と消費者庁が、同時に捜索と立ち入り検査を行うのは初めて。
 同課によると、グ社は廃家電などを「無料で回収する」と宣伝。実際に回収を頼むと、片付け料と称して2万〜10万円を請求するという。 

【関連ニュース】
テレビ販売、W杯特需乏しく=1年半ぶり減
ソニー製も前倒し発売=3Dテレビ、注目度高く
不法投棄で前成田市議らを逮捕=木くず穴掘り埋める
旭化成、ABS樹脂など値上げ=11日出荷分から、25〜35円以上
高齢女性に布団購入迫る=容疑で販売社長ら逮捕

ゲームプラットフォームの未来、「セルフィちゃんねる」の挑戦(Business Media 誠)
ディオバンが高齢者で降圧目標を安全に達成―ノバルティス(医療介護CBニュース)
痴漢容疑で自衛官の少年逮捕 和歌山(産経新聞)
<雑記帳>ツイッターで群馬県議会が情報発信 全国初(毎日新聞)
満額支給は困難=11年度子ども手当―長妻厚労相(時事通信)
[PR]
by zumu8z2yvl | 2010-06-15 19:14