<   2010年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 最高裁(26日)東京高裁部総括判事(大阪高裁部総括判事)小倉正三▽大阪高裁部総括判事(奈良地・家裁所長)上垣猛▽奈良地・家裁所長(鳥取地・家裁所長)田中澄夫▽鳥取地・家裁所長(高松高裁部総括判事)矢延正平▽高松高裁部総括判事(大阪高裁判事)小野洋一

 (25日)退職(東京高裁部総括判事)原田国男

人気上昇前原国土交通相の危うさ JAL迷走、カッコつけトヨタ批判(J-CASTニュース)
小沢氏の「けじめ」必要=証人喚問も応じるべき−渡部氏(時事通信)
<裁判員裁判>米子強殺で初公判 被告、殺害認め強盗は否認(毎日新聞)
国民新党、新たな旗印に「本格保守」(産経新聞)
知事選敗北を陳謝=国会招致は消極的−小沢氏(時事通信)
[PR]
by zumu8z2yvl | 2010-02-28 10:32
 摘発された少年のうち3人の供述などを紹介する。

【少年A】

 中学1年生のころ、興味本位でたばこを吸うようになった。ラテン系音楽が好きで、音楽イベント会場に行ったところ、年上の男から「楽しんでいるか。吸うか」と大麻を勧められた。軽い気持ちで飛びついた。

 一度でやめようと思っていたが、2〜3週間もすると「もう一度あの感覚を味わいたい」と再び同じ店に行き、男を捜した。再会すると「久しぶりやな、売ったんで」と言われ、男が売人と分かった。その後は大麻がなくなる度にその男を訪ねた。仕事にも集中できなくなり、無気力な生活を続けるようになってしまった。

【少年B】

 友達に「大麻を吸いながらレゲエ音楽を聴くと気持ちがよくなる」と聞いたことから、高校1年の秋には仲のよい友達に頼んで大麻を手に入れた。そのうちに依存症になり、月に3〜4回も使うようになった。

 一緒に大麻を吸った仲間が捕まる現場を遠くで見て、自分も共犯者としてそのうちに逮捕されることを確信していたが、その間も我慢できず、先輩の売人から大麻を手に入れて使用するほどの常習者になってしまった。はじめは「大麻は依存性がない」「やめようと思えばいつでもやめられる」という甘い考えを持っていた。

【少年C】

 高校の先輩から「葉っぱ、吸うか」と誘われたのがきっかけ。興味本位で始めたが、主に幼なじみの仲間4人で大麻を吸って遊ぶようになった。友達と割り勘で地元の先輩から仕入れ、自宅や仲間の部屋などで仲間と一緒に吸い、悪い仲間意識もますます出てきた。

 次第に成績も落ち、「このままではダメになる。進学もできなくなる」という思いもあったが、友達との関係を断ち切れず、はまってしまった。両親は教育熱心で、非行に走ることなく勉強を頑張ってきたが、仲間と一緒に逮捕され、両親の期待を大きく裏切る結果となった。

【関連記事】
大阪府内での昨年の未成年の大麻摘発は40人と過去最多に
大麻所持容疑で高3男子を逮捕 京都府警
薬物密売グループの指示役を逮捕 西武線沿線で販売
ヒップホップ歌手の「YOU THE ROCK★」大麻所持容疑で逮捕
大麻所持の空士長免職、航空自衛隊那覇基地

医師ら41人の行政処分を公表―厚労省(医療介護CBニュース)
バス接触の女性死亡、運転士を逮捕 大阪(産経新聞)
弥生時代後期の貴重なガラス製、初の「J字」勾玉が出土 松江市(産経新聞)
京浜東北線と山手線外回り、一時運転見合わせ(読売新聞)
ミニパト運転ミス、商店に突っ込み自販機壊す(読売新聞)
[PR]
by zumu8z2yvl | 2010-02-26 15:13
 同僚の財布から現金を盗んだとして、岐阜刑務所(岐阜市)は19日、看守部長の男(51)を窃盗容疑で岐阜地検に書類送検し、停職1カ月の懲戒処分とした。看守部長は同日付で依願退職した。

 容疑は07年秋から約2年間に十数回にわたり、刑務所職員6人の机やバッグに入れてあった財布から、現金約19万5000円を盗んだとしている。岐阜刑務所によると、男は看守部長として05年5月から手紙の検閲などを担当していたという。有村正広所長は「再発防止に努めたい」とのコメントを出した。

【関連ニュース】
名古屋ひき逃げ:危険運転致死容疑で同乗の2人再逮捕
夫婦同日逮捕:窃盗と横領、別容疑で 宮城県警
日中窃盗団:69人送検 被害15億円相当 京都府警など
窃盗:自転車盗んだ疑いで海自隊員を逮捕 神奈川県警
名古屋ひき逃げ:運転者の男 逃走中に知人宅で1泊

<国公立大入試>確定倍率は4.9倍 7年ぶり志願者増(毎日新聞)
ご当地グルメのギョーザで宣言=津市(時事通信)
参院選1次公認、来月初め決定=「青木氏は時代的役割終えた」−民主・小沢氏(時事通信)
“夢の原子炉”もんじゅ14年ぶり再開へ 機構が福井県に協議願い(産経新聞)
元Jリーガー茂原容疑者、強制わいせつ…3度目逮捕(スポーツ報知)
[PR]
by zumu8z2yvl | 2010-02-25 13:41
 岡田克也外相は19日の記者会見で、南極海で日本の調査捕鯨船に妨害行為を行った環境保護を標榜(ひょうぼう)する団体「シー・シェパード(SS)」の抗議船、ボブ・バーカー号について、旗国であるトーゴ政府が船籍を剥奪(はくだつ)したことを明らかにした。日本政府がトーゴ政府にしかるべき措置を取るよう要請していたもので、これにより旗国の同意手続きなしに同船を公海上で臨検することが可能となる。

 岡田氏は、SSの母船、スティーブ・アーウィン号についても船籍剥奪に向け、船籍国のオランダ政府が法改正を進めていると説明した。

 また、岡田氏は在京ニュージーランド大使館の領事が18日夜に外務省を訪れ、日本の調査捕鯨船「第2昭南丸」に侵入し、同船に拘束されたSSメンバーと電話で話したことを明らかにした。メンバーは個室を与えられ、健康状態も良好で、同船に乗ったまま日本に移送されることを望んでいるという。

<野口宇宙飛行士>「日本選手の活躍楽しみ」宇宙から激励(毎日新聞)
ベトナム難民の子、送還取り消し=タイ出生で無国籍−東京地裁(時事通信)
外国人看護師候補者ら受け入れ施設、3分の1に減少(医療介護CBニュース)
トヨタ急加速事故急増「死者34人」米安全局(読売新聞)
【いきいき】NPO法人フード・サイエンス・ファクトリー代表 佐々木ゆりさん(産経新聞)
[PR]
by zumu8z2yvl | 2010-02-24 05:20
 帝国データバンクによると、全国各地で公演を行う劇団「ふるさときゃらばん」(東京都小金井市)と関連会社の「ふるきゃらシネマ」(同)が、22日までに東京地裁から破産手続き開始決定を受けた。負債は2社合計で6億4700万円。リストラを進めていたが、採算が好転せず、事業継続を断念した。
 ふるさときゃらばんは1983年創設。85年に法人化した。オリジナルのミュージカルを中心に活動し、「親父と嫁さん」で文化庁芸術祭賞も受賞。近年は官公庁や地方自治体の助成を受けて企画や公演を行い、2005年8月期には9億円を超す売上高を計上した。
 ただ、当初から人件費や機材運搬費などの負担が重く、企業スポンサーに依存していたため、景気後退に伴う支援減少で採算が悪化していた。 

【関連ニュース】
「これは、がんや」=検査前に手術決定か
鹿島、連結営業益19.5%増=工事の採算改善-4〜12月期
文化シヤッター、10年3月期連結純損失40億円に下方修正=景気後退で売り上げ減
五洋建設、10年3月期連結営業益108億円に上方修正=工事の採算改善
計画書作成せず手術実施=山本病院患者死亡

<鳩山首相>「政治とカネ」で小沢幹事長に電話(毎日新聞)
<労働保険審査会>マツダ元派遣男性の失業手当延長を裁決(毎日新聞)
中央線高円寺駅で人身事故、運転見合わせ(読売新聞)
明石の歩道橋事故取り調べ、全面可視化の意向(読売新聞)
「シュワブ陸上部」移設案、政府内に肯定意見(読売新聞)
[PR]
by zumu8z2yvl | 2010-02-23 01:28
 任期満了に伴う長崎県知事選は21日投開票され、自民、公明両党が支援した無所属新人の元副知事、中村法道氏(59)が、元農水省室長、橋本剛氏(40)=民主、社民、国民新推薦=ら6新人を破り初当選を果たした。

 今夏の参院選の前哨戦として、与野党対決となった今年初の知事選で、野党側が制したことで、鳩山政権にとっては打撃となった。鳩山由紀夫首相や民主党の小沢一郎幹事長の「政治とカネ」をめぐる問題が、選挙戦に影響を与えたとみられ、今回の選挙結果は結果は今後の政局にも影響を与えそうだ。

 自民は不出馬を決めた金子原二郎知事の実質的な後継者である中村氏に推薦を出さず、政党色を薄めた選挙戦を展開。中村氏は県庁での約36年間の行政経験をアピールした。

【関連記事】
負けたら小沢進退問題 民主、地方選でなりふり構わぬ異例人事
小沢ショック直撃!長崎県知事選で民主苦戦 進退問題再燃も
プロレスラーの大仁田氏が立候補 長崎知事選
大仁田厚氏、知事選出馬を否定せず
長崎知事4選出馬断念を正式表明 後継指名は否定

<鯨肉持ち出し>グリーンピース2被告、初公判で無罪主張(毎日新聞)
「高校無償化」の留保撤回へ=国際人権規約で対応−政府(時事通信)
「宇宙で働ける未来がくるかも」子供たちにエール 野口聡一さん会見(産経新聞)
暴力団の入居排除へ 港区のビル所有者が協議会(産経新聞)
葛西、越らに同世代がエール 「一発ガツン」輝けアラフォー期待 (産経新聞)
[PR]
by zumu8z2yvl | 2010-02-22 01:18
 ベトナム難民の子としてタイに生まれ、無国籍状態で日本に不法入国した53歳と49歳の男性2人が、国にベトナムへの退去強制処分の取り消しを求めた訴訟の判決で、東京地裁(杉原則彦裁判長)は19日、訴えを認めた。原告側弁護士によると、2人は退去させられても受け入れる国がなく、日本には同様の境遇の人が20人以上いるという。

 2人は91年に他人名義のパスポートで入国、07〜08年に入管法違反容疑で摘発された。訴えで「ベトナムには行ったことすらない。受け入れてもらえないのに送還先とした処分は違法」と主張した。

 判決は「読めない日本語や英語の書類を使った処分手続きには重大な欠陥がある」と指摘。強制送還の是非は判断せず「再度処分をする際、送還先の指定には特に慎重な検討を要する」と述べた。

 原告側の小豆沢史絵(あずきざわ・ふみえ)弁護士は「2人は地球上どこにも行き場がなく、日本でも滞在を認められない状態が続く。判決が確定したら国に在留特別許可を申請する」と話した。【伊藤一郎】

元Jリーガー茂原容疑者、強制わいせつ…3度目逮捕(スポーツ報知)
「布川事件」弁護団、水戸地検に謝罪申し入れ(読売新聞)
名古屋ひき逃げ 赤信号無視し進入…運転の容疑者が供述(毎日新聞)
早大OBら、起訴内容認める=株価操縦事件−東京地裁(時事通信)
<党首討論>「与野党機関設置に賛成」政治とカネ巡り首相(毎日新聞)
[PR]
by zumu8z2yvl | 2010-02-20 12:39
 大地震で大きな被害を受けたハイチに派遣された陸上自衛隊の国際緊急医療援助隊約100人が18日帰国し、広島県海田町の海田市駐屯地で編成解組式があった。

 同隊はハイチの首都から西約40キロのレオガンの看護学校敷地内で、先月23日から医療活動を実施。延べ2954人を診療した。当初1週間は骨折などの外傷が多かったが、その後は発熱や下痢、不眠といった症状を訴える人が増えたという。同隊隊長の白川誠1等陸佐は「現地はがれきが残り、道路も元通りではない。復興に向けてまだまだやることがある」と話した。隊員の夫、小原英輝さん(35)を、3人の子どもと出迎えた妻麻里子さん(34)は「不安でしたが、元気そうな顔で安心しました」と笑顔だった。

【関連ニュース】
ハイチ大地震:復興支援活動の候補地視察 陸自PKO
ハイチ大地震:自衛隊は撤収へ 国際緊急援助隊
ハイチ大地震:PKO派遣の自衛隊員 羽田などから出発
ハイチ大地震:復興支援PKOに自衛隊派遣 閣議決定
記者の目:13日間の命とハイチ大地震=梅村直承

【日本人とこころ】岩崎弥太郎と志(上)常に広い世界を意識(産経新聞)
L&G元会長に懲役18年求刑 「円天、空前の大詐欺」(産経新聞)
<掘り出しニュース>74年前、13歳で世界選手権に出場した少女スケーターがいた(毎日新聞)
首相動静(2月13日)(時事通信)
危険運転で同乗者2人を再逮捕=名古屋ひき逃げ−愛知県警(時事通信)
[PR]
by zumu8z2yvl | 2010-02-19 13:50
 東京医科大八王子医療センター(東京都)で生体肝移植を受けた20人が入院中に死亡した問題で、患者1人の遺族に医療行為が不適切だったとして、3000万円が支払われていたことが分かった。

 大学側の検証委員会は「不適切な医療行為はなかった」と報告書を発表しており、厚生労働省は事情聴取する方針だ。

 同センターによると、都内の50歳代男性患者は2006年8月の移植手術後、細菌感染や拒絶反応の標準的な検査を受けず、拒絶反応を抑えるステロイド剤を大量に投与され、同10月に敗血症で死亡した。遺族が説明を求め、大学側は09年5月に「医師からの患者や家族への説明や術後管理などが不適切だった」と謝罪し、3000万円を払った。

 高沢謙二センター長は「患者の病状把握が不十分で、不適切だったと言われても仕方ない」と話している。別の患者2人の遺族もカルテ開示などを求めている。

イラン革命記念日を取材、毎日記者が一時拘束(読売新聞)
外国人参政権で意見交換、地方側から反対意見続出 全国議長会(産経新聞)
国家公務員幹部、内閣が「適格性審査」(読売新聞)
ゆかり氏、さつき氏擁立で自民内紛か…参院選比例(スポーツ報知)
<郵便不正>村木元局長の指示否定、上村被告前任の元係長(毎日新聞)
[PR]
by zumu8z2yvl | 2010-02-18 12:10
 茨城県神栖市教委が発注する工事設計業務委託の指名競争入札に絡み、設計会社に便宜を図ったとして県警捜査2課と鹿嶋署は11日、同市堀割、市産業経済部長、笹本昭(59)ら4容疑者を競売入札妨害の疑いで逮捕した。

 逮捕されたのはほかに、市教委教育総務課施設管理グループ副参事、沼田清司(55)=同市下幡木▽かすみがうら市下稲吉、由波(よしば)設計社長、由波久雄(61)▽つくば市松栄、自称設計会社顧問、黒沢周三郎(67)の各容疑者。

 逮捕容疑は、08年5月22日に実施した市立波崎西小校舎改築工事設計業務の指名競争入札に際し、共謀して由波設計が有利な価格で落札できるよう便宜を図ったとしている。

 県警によると、笹本容疑者は黒沢容疑者から依頼され、沼田容疑者に便宜を図るよう指示。沼田容疑者は同5月中旬ごろ予定価格2593万円に近い金額を教えたとされる。入札には5社が参加、由波設計が2400万円で落札した。【原田啓之、杣谷健太】

<網走監獄>設立30周年でリニューアル 展示物を一新(毎日新聞)
【中医協】診療所の再診料、2点引き下げで決着(医療介護CBニュース)
<もんじゅ>再開容認へ 「安全性確認検討会」評価書案審議(毎日新聞)
<高校授業料>滞納分を無利子で融資 厚労省が特例で(毎日新聞)
会津小鉄会会長に有罪判決=キャッシュカード詐欺−京都地裁(時事通信)
[PR]
by zumu8z2yvl | 2010-02-17 13:10